物事を諦めすぎるのはよくないという話

こんばんは、転寝こより(@kyr_nk)です。

今日は先日書いたこの記事、

kyr-nk.hatenablog.jp

これを踏まえていろいろと諦めていっていたら

諦めすぎて虚無になってきたので皆さん気を付けて、という記事を書きます。

 

 

最近、わりとつらい出来事が重なって

いろいろなことを“仕方ない”として処理してきました。

・やっぱり異動できなかったこと
・上司の態度が急に変わってひどくなったこと
・自分のデスクが物置になっていたこと
・彼氏との連絡がなかなかとれないこと
・人に気持ちを伝えても跳ね返されたこと

中には“仕方ない”ではなくただただ諦めの境地のものもあります。

 

“仕方ない”と考えるうえで何が悪かったか、

それは「“私が悪いから”仕方ない」と思ってしまっている点。

仕方ない、からどうするかを考える必要があるとか言ってましたが

それ以前の問題。自分の自己肯定感の低さを舐めていました。

そして “私が悪いから” 、もうどうしようもない、という気持ちになってしまう。

まさに負しか生まれないループですね。

こうなるともう、自己否定しかないので毎日が地獄。

 

異動できなかったことは“仕方ない”で処理するしかないにしても、

上司の態度が急に変わってしまったことには少しくらい怒ってもいいかもしれないし、

自分のデスクが物置になっていたことは当然怒ってもいいはず。

彼氏との連絡がなかなかとれないことには原因があるから(話題がないこと)

なにか改善する余地があるはずなので仕方なくないと思うし、
(彼は生き方が違うから仕方ないと言うけれどそんなことないと私は思う)

気持ちを伝えて跳ね返されたのは、「ちゃんと考えてよ」って言ってもいいはず。

よくよく考えてみればちゃんと“仕方ない”以外の答えは出てくるんだけど、

正直もう頭が考えることを拒否している。

 

心底疲れているんだなぁと気づく。

疲れすぎていて「やっぱりもう他人には期待せずに生きていこう」とか

「なるべく人と関わらずに生きていったほうが楽だな」とか

悲しすぎることを考えたりする。

そういう考えがぐーるぐーるしているとだんだん心が死んでいく。

無になる。虚無。どうしようね?

 

 

皆さんはこうならないように

・“仕方ない”の前に「自分が悪いから」は絶対につけない

・一度“仕方ない”として処理したことも、
 定期的に思い返して別の処理の仕方がないか考える

のふたつは絶対に守ってほしい。私もこれから頑張るので。

特にひとつめは本当に気を付けないと心が死にます。死んでます今。

少しでも生きやすくなるためにと思って実践したことが

自分の首をさらに絞めるとは思ってもみませんでした。

楽に生きるって本当に難しいことですね、生きづらい。

頑張って生き延びられるように、

考え方も少しずつアップデートしていきたいものです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代 自分らしさへ
にほんブログ村